スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明けましたおめでとう!
2011年01月02日 (日) | 編集 |
今年もネットの片隅から
粘膜下筋腫で育てまくって腹腔鏡で手術するに至った方への
参考に少しでもなれればなーなんて思いながら。

そうそう、長々術創が痛む的な記述があったと思うのですが
自分の主治医であったSセンセの名誉も含めて
改めさせていただきます。
術創は綺麗に全く後で痛む事はありませんでした。


痛んでたのは別の病気原因だったと言う落ちなんです
(´・ω・`)

粘膜下筋腫は基本的に子宮鏡手術適応ですが
病院によって適応サイズが違ったり
技術レベルに驚くほど差があったりするので
子宮鏡手術は術後トラブルも多い事もあり
施術病院の子宮鏡手術の件数などを調べるなどされると宜しいかも知れません。
経験数の少ない病院=技術的に育っていない病院が多い
子宮鏡の経験地の高い地域が偏ってますね~><
:京都(京都府立大が積極的な方針な様子)
:神奈川県は執刀数が多い(K市立病院以外にも執刀数の多い病院が存在します)
目指す病院の執刀数は公開されているのでチェックお勧めです。
また「内視鏡学会」のHPで認定医等をチェックされる事もお勧めです。

良性腫瘍だからといって
「これでいいや」って諦めないで欲しいんです

友達から相談を受けたケースでも
最初の病院で殆ど説明もなく開腹を支持されたというケースもあり
自分のかかった病院を紹介させていただきました
(勿論、前提として対応除外もありうる事もメールしましたが)
年明けに無事腹腔鏡での手術の運びになったようです。

開腹を経た知人の経験談では
「半年ムリ」


自分の罹ったY病院にて初診にて
要介護が控えているので低負担の手術が希望と言う話をした所
「開腹じゃ半年は介護きついね」
(正直半年ムリだよね、という追い討ちがありました。心の荷が軽くなりました)

市販されている筋腫本では
1ヶ月で職場復帰可能という記述が目立ちますが
「職場が出退勤への配慮や仕事内容への配慮が入った上で」

という前提が成立する上での「理想値に過ぎない」

これは紛れもない現実だと思います。
だからと言って開腹を否定するものでもありません。
(肉腫が疑われる場合、筋腫の数が多い場合その他色々)

リュープリンの副作用出血祭を抱えながら
(例外なく、粘膜下はフレアアップが強く筋腫縮小作用は低い)
日本中の病院巡った人間からすると

医療側から言う本来的な「セカンドオピニオン」含めて
手術方式を決定する前には
複数医師の判断を是非仰いでみてください。
良性腫瘍で軽く見ている医師(なので簡単に開腹で済ませたい)
細かい筋腫も綺麗に取りたい・肉腫の可能性も確認したい
両者結果は一緒な様でいて
その実は大違いです。

最終的に自分を守れるのは自分なんです。
他の医師に聞くのは心理的に遠慮する方は
筋腫卒業生の人にでもちょっと他の意見を聞く機会を設けて欲しいと言うことです

しつこいうざーいといわれようが
この辺の広報活動はやって生きたいかなあと思います
(草の根にもほどがあるけどwwwwww)

眠いので持病関連はまた次で申し訳無いです

カテゴリも編集しなおそう
★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*

うんぎゃー
酔っ払って記事書いたので
最初の文脈繋がってないところとか
酷い誤変換とかありまくって赤面!
なのでコソコソっと直しました(*ノωノ) (01/02 20:53)
スポンサーサイト
お祝いをしたよ!
2010年12月12日 (日) | 編集 |
丁度昨年の退院日に
義父のお誕生日(オペ日が誕生日だったんですが)祝いを
去年ダンナさんの退院までの義両親への慰労も兼ねて
なじみのステーキハウスに招待しました。

正直義父さんのほうが馴染みなレストランですがw
昔のオトコなだけあって、表立っては嬉しがってねーぞ的な反応なのに
義母さまに聞くには
時間より遥か前に出かける用意済ませ(珍らしい)
タクシーの予約時間より前に道に立ちw
とても嬉しくて仕方が無かったらしいですw

本当はこういう嬉しいしぐさは、見える方が招待した側は嬉しい物ですが
こっそり聞けたので、十分満足♪
まあ、お祝いの乾杯する前から「素面の酔っ払い状態」のテンションだったので
相当嬉しかったんだろうなぁと思います。
自分の父もそうですが、表に出しにくいシャイな年代の喜び方って
可愛らしいですねぇ~

こういう義父さんを見ると
実父にも、またこうやって笑って欲しくなるんですが
実父に関しては、内面からの気づきが起きない限り
多分奇跡を願うに等しいのかな。なんて思ったりします。

退院1年での考察
*退院日1周年に丁度またお月様到来
終了まで1週間
出血の多いのは3日まで。
出血量は驚くほど少なくなった。
周期が完全固定された(チェストツリーの効果の可能性大。一度崩れかけたので)
*腫瘍が直径10センチのシロモノだったこともあるのか
腫瘍のあった後が未だに時々痛みます。
手術後に良く残るといわれる神経痛なのかは判りませんが、
引き攣れる様な痛みで、結構しんどいです><
表面の術層に当たるあたりは
全く問題なく綺麗に治り、切った事すら忘れる具合です。
(線がちょっと残ってる位なので数年でドコダッケーになると思う)
腹腔鏡の予後は、本当に楽だと思いますよ!
(良い腕を持った医師、という前提があるだろうとは思いますが)

腫瘍が粘膜下でも自分みたいに
育て過ぎてて子宮鏡では無理だったり
筋層内等でも
ヘソの位置より下にあれば
腹腔鏡で可能だといわれています。
未だに、学習していない医師や、軽く見ている医師や
医学的レベルとして地域的に医療が育っていない所では
当然の様に開腹と言われる事が多い様です。

術後の一般生活への回復へは大きな違いがあります。

一般的な書物では、1ヶ月で職場復帰可能と言われていますが
自分が対面した腹腔鏡及び子宮鏡に精通した医師や
開腹手術で筋腫手術した知人からの話を総合すれば
1ヶ月で職場復帰は絵に描いた餅。
よほど恵まれた職場でないと、現実的には無理な話。
知人は元に戻るのに半年かかったといいます。
医師も最短で3ヶ月で職場に普通に戻れる感じ
(1ヶ月は時短や仕事の程度を軽くしてもらって可能)
私は受け入れ可能病院探しの時は、実父の介護手伝いが念頭にあったので
介護があるから…と言うと、開腹だと半年は無理だよね、と言われました。

腹腔鏡は2週間程度で復帰可能と言われてますが
個人個人に依ると思いますが
自分は元のサイクルで活動できるまでが1ヶ月かかりました。

これから手術予定されてる方の目に留まれば嬉しいのですが
出来るだけ、余裕を持った復職や術後の計画を立てられますように。
(職場の理解があれば良いのですが><)
思ったようにならないのが人体ですから。
(そして焦れば焦るほどストレスが原因なのか治癒が遅れますし)

持病なんかについてもつらつら書いていこうかしら…
テーマ:婦人病
ジャンル:心と身体
手術日1周年
2010年12月01日 (水) | 編集 |
丁度2009年12月1日の昼頃にオペだったので
(一番最初の予定では順番は3番目午後だったんだけど
腫瘍がでかいので2番目に繰り上がったそうです)
今日が手術1周年です。

無事に1年後を迎えられました。

術創も殆ど目立たなく、綺麗になってます。
北国から、今日も頑張ってるSセンセに
感謝の祈りを送りました。
身体大事にしといてくださいねー!

術後から退院まではのんびり
入院中の日記にも書いたように
病室の窓から厚木基地の戦闘機の発着を
窓に張り付いていて見ていたとか
……こんな女性患者多分他にいない orz

退院後は1ヶ月の自宅静養を
義母さまに命じられたので
1ヵ月後に『手術5日前に脳出血で倒れたダンナさん』の看護を交代すべく
体力回復につとめ…ていたつもり。
(でも実は、一人だし今後の家計の事も気になって
電気代ケチって毛布包まってPCの排熱で暖取ってたりとか
食事作る気力なくて、弁当買ってきても
1回で食べきれず2食になってたりと
結構ダメ出ししたらキリがない静養生活だったと思います)

手術前、リュープリンの副作用にのた打ち回り
大出血祭で泣き
しかも3回目の注射で
「粘膜下かも~でもウチじゃ3センチまでしか子宮鏡許可でないの~♪」
という、半ば殺意の沸く主治医の発言を背に
受け入れ可能な病院を、患者自らが探し回らざるを得なくなり
その吐き出し口として、
そしてこの七転八倒の経験が
誰かの役に立てばと思いブログを立ち上げました。

そして、確実にひとの為に、
この経験が役に立った事(直接知る中で数件!)を本当に嬉しく思います。
もしかしたら、こういう為に苦労させられたのかもなーなんて。
泣きながら新幹線乗ってた苦労も報われます。うん。

来年も、また再来年も、
こうして幸せな気持ちで迎えられますように!
そして同じ病気で苦しむ仲間が
一人でもいいお医者さんと巡り会えますように。
テーマ:婦人病
ジャンル:心と身体
手術後11ヶ月目!
2010年11月05日 (金) | 編集 |
去年の12/1に手術なので
術後11ヶ月目超えたんですねー

11ヶ月目超えた月経到来

未だに使用量の減った

生理用品の把握が出来ません!


ついうっかり買い溜めしちゃったり
夜用しこたまあって減らないし
(本当に夜しか使わないで済むんですね…!)
ゴミ箱の埋まり方が…嘘みたいです。

筋腫の出来る前から元々生理痛が酷かったんですけど
多分筋腫できてきたのかな?という辺りから
筋腫経験者はご存知の血の塊が出るようになってからが
更に酷かったんですよね。
しかも、大きくなって行ってですねえ…
げんこつ大の血の塊出産(笑)する時なんか
痙攣する位痛かったんですが(マジ死にたいとおもった瞬間)
そういうのが無いだけでも大違い。

また、先月からサプリメントで
昔効果あった
ピクノジェノールを再開したんですが
(フランス海岸松樹皮:フラバンジェノール等の商品名の物も全部同じです)
そのお陰なのか今回は凄く楽です。
勿論痛みが皆無と言うわけでは無いのですが
重ったい位かなー

チェストツリーも継続中
コレのお陰も色々あるかなーと思うのが
基礎体温が教科書みたいな綺麗なグラフになってきた所
今回PMSが非常に楽になった事
(イライラはしちゃうんですが、身体的苦痛系は皆無と言って良い位!)
まだ1回ではたまたま今回の体調と言う事もあるので
次回がちょっと楽しみにはなりました。

--

個人輸入で困った事が。
マッサージオイル使って痛み取ってるんですが
オイル使うと今の「泡ででるハンドソープ」の類って
ぜんぜん落ちないんです。
いや、国産ハンドソープは液体でも落ちなかったですねー。
で、個人輸入でマジックソープ買ってたんですが
国内代理店、物凄いぼったくり価格つけてて
…海外で買うときの3倍以上の売値なんですよ。
国内代理店がぼったくりなのは、コレに始まった事じゃなくて
化粧品から何から何までですけど
(そしてその上円高差益は全く還元されないという坊主丸儲け)
高い安いと言うより、ぼったくり業者太らせたくない気持ちで
個人輸入してたんですが
一番ひいきにしていたショップに代理店が目をつけたーギャー
税関に入れ知恵して、代理店経由じゃないと入荷できないようにする
(原料が名前だけだと引っかかる。そこでメーカーから
製造手順を示してもらえれば通関かのうなんだけど
日本代理店が独占契約かなんかで縛ってる関係上開示不可って奴)
よくある汚い手なんですけど

1本だけの購入者でもそこの荷物だとチェックされるようになっちゃったらしく

ヤレヤレ
代替品探す旅に出るとしましょうかねー><
意地でも国内品は使わんヨーダ
テーマ:婦人病
ジャンル:心と身体
卵管造影検査
2010年08月24日 (火) | 編集 |
夏休みで拘束され
終わったらグロッキーで〓■●_~□○0

すっかり遅くなりましたが
検査の事をひとつ。

自分も、検査前、他所様のブログなんかを歩き回って
準備するものとか色々チェックしましたので
いつかどこかの誰かの参考になれば幸いです(*´ω`*)

因みに私の通っていたY病院では
月経開始から10日以内厳守
(不妊治療もやっている病院だからこそでしょう。
その月のたまごさんがどうなってもよければ、
月経前の間ならいつでもよいらしい…)
電話で月経始まった所で予約取ったのですが
特に注意事項も何もなしで、当日お待ちしてま~す♪だったので

一応予約自体が午後16時半なので
他所のサイトさんに良くあった
(午前中やお昼すぐあたりの検査だと思われ)
朝ごはん抜き。昼ごはん抜き。
なんかは気にしなくても良さそう。

衣服は良く、
「内診室でバルーンまで入れてから
X線室まで歩くからスカートマスト!」
って言われてましたが

Y病院の場合
最初に検査着に全部着替えます(ぱんつもぬぎます)。
服の心配は一切無しですね
・X線台にねっころびます。
診察中の先生の登場待ち(ぼけーっと半分うつらうつら)
・いつの間にかX線台に足置きがデキテール!
先生登場。
足置きに乗るように体ずらして移動して
その場で即処置開始。
シームレスに造影剤注入まで進みました。
患者負担が少なくてすばらしい。(やっぱり器具入れて移動とかちょっとね)

最初造影剤注入だけでも痛みを感じる人が居るようで
「痛くない?」って確認されましたが
この時点では痛くない。なーんか入ってるーって印象だけ。

この後圧をかけ始めると…
内臓直の痛みって本当に辛いですね><
下腹部を両側に痛みがズドーン!っと走ったので
あ、両方通ったな?!と思ったら
せんせ「両方きれいに通ったよー」
通る感覚が体感できます。
これは内臓を意識できる貴重な体験とも言えるかも。

と、今となっては奇麗事に書けますが
「現在麻酔ありの血管焼き手術を麻酔無しで」とか
各種痛い治療を経てきた患者残酷時代(看護師長さん曰く)、
一度も痛いといわずに耐えて来た私が
ちいさく「いたぁぁい;;」と声に出さずに居られませんでした。

でも痛みはそんなに長引くものでは無いので
(検査後10分程度で下腹部の不快感も気にならなくなったし)
緊張でガチガチになるほうがよくないかも
痛くない方も結構いらっしゃるようですし
是非リラックスして検査に臨まれますように(*´ω`*)


因みに、この病院では油性の造影剤でした。
油性のメリット・像が綺麗に出る・造影後の妊娠率がうp
   デメリット・痛みが強い・拡散状況を(内臓の癒着を見ます)見る撮影は通常翌日。
水性のメリット・痛みが油性より少ない・吸収が早い(拡散映像が30分後で撮れる)
   デメリット・像が油性より不鮮明


患者が把握して居ればいいのはこの辺りまでかなー
因みに私片道3時間かけて通っていた人なのです
せんせ「本来なら翌日撮るんだけど、1時間待ってもらえれば近い像は撮れるけど時間ある?」
おお、1時間なら余裕で待ちますよー!

一旦検査着から着替えて待ちます。
予約時には指示されませんでしたが
検査前にでもぱんつにナプキン当てておいたほうがいいですよぅー
直後からゆるゆるっと何かが流れる感じがありましたから…
(あと検査後2日前後は出血する事があります。私は軽く出血しました)

1時間後再度X線技師のせんせにお呼ばれ。
ぱんつは履いてていい+検査着
で、X線撮影。
バリウム飲んで倒されるような形の検査台で
斜めにされて撮影終了。
その後せんせの診察を経て、無事卒業の運びになりました。

最初に筋腫の診断ついてから1年3ヶ月…長かったなあ

余談ですが、ナプキンつけたままX線撮ったのが影響してるのか
ナプの裏の粘着部分がベトベトになって溶けていた…
帰宅後、即お湯ですすぎつつ、漬け置きに。
テーマ:婦人病
ジャンル:心と身体
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。