スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第1回目の貯血
2009年11月03日 (火) | 編集 |
私は腫瘍が大きいので
それに応じて400cc×2をストックしておく事に。

貯血は、手術時に他者血輸血をしないで済むので
身体に負担が無く済む
(技術料がかかるので、値段は高くつきますが!)
それと日本の輸血は
ウイルスの不活性化措置を何故かしてないので
(するリスクが何かあるのかもしれないのですが
欧米は普通にやってるので、
輸血での肝炎感染の恐れ…は、無いとされてます。
日本は提供者の自己申告に頼っているのが
現状なんですよねー
この辺謎なんですよね…(-公- ;)

今日は術前検査とセットで執り行うので
かなりドタバタw
術前検査は空腹がいいらしく
貯血は満腹がいいらしい。

ので、朝軽く食べて
新幹線飛び乗って2:30の検査予約で病院に入り

*血液検査
*レントゲン2種
*心電図(自分は簡易心電図では異常波形が出るんだけど
ホルター検査しても掴めないんだよね。
母含めて母方の家系が心臓弱いので
何があっても不思議じゃないのではあります)
*肺活量検査

インフルエンザ予防接種の人の嵐で
検査遅れまくってエラいこっちゃでしたw
貯血予約が16:00にしてて
肺活量終わったのが16:00だったので
そこで「おにぎり食ってきます(`・ω・´)ゞ」
コンビニで、梅とコンブのおにぎり買ってきておいて
あと自宅から直飲みでごくごく行ける温度につくった
ミルクココアを500cc
プラスしてホット缶のコーンポタージュとミネラルウォーターを少々。

看護士さん曰く
偉く優等生な血の貯まりの速さのようで^^
伊達に献血車で、
200ccの献血のコを
400cc献血の自分が追い抜いた過去は
持ってませんぜ!(このネタ話したら看護士さん笑ってたw)

通常は数日置きに通って増血剤打つんだけど
自分は遠方なので
当日に強い増血剤(骨髄に直接作用する系統だそうです)を注射。
あと赤い液体(糖の系統っぽかったけど、なにか色々いれてたぽ)を点滴。

400cc抜いたら、普通の患者さんは
結構即めまいしたり気持ち悪くなったりするらしいです…
Hb16とか叩き出してたのは伊達じゃないのね私…
全く問題なし
一応帰途中には
ミネラルウォーターを500×2 飲んで水分補給しっかりしといた!
(血が濃くならない為にもいいそうです。
ここでお茶飲むと、利尿効果の方がでちゃって意味無いので
こういうときはお水がベストです)

来週も、もう1回貯血に来て
次この病院来る時は
入院日ですね。

入院予約もして、一応個室キボンヌって言っといた!
あと食物アレルギーで重症反応なの1つもってるので
直に婦長さんとの相談の時に
特記事項で伝えておきました。
病院食が美味い病院らしいので
楽しみ減らしたくないからね!

遠距離からなので
入院受付時間を11:00までにって延ばして貰いました。
半端に遠距離からくるので色々気を使って貰えて
大変ありがたい話です。
テーマ:婦人病
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。