スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
術後半年越えたわけですが
2010年06月16日 (水) | 編集 |
血腫、8月までに消えるかなぁ
ダンナさんの脳内の血腫は
3ヵ月後のMRIでは綺麗に消えてたのに
どんだけド根性なんだ、マイ血腫。

外見暢気のんびりそうですが
1センチ程度の血腫が丁度悪い塩梅な場所にあるっぽくて…

腹と腰が毎日痛いです;w;
丁度一直線に突き抜けるように痛いです。
(先日の検診日、先生が「ココ痛い?」って確認した場所なので
ああ、この痛さはガチで血腫があるからなんだぁって
氷解したんですが)
内臓に、問題のないできものとはいえ
圧迫するナニカがあるって
こんだけ不具合呼ぶんですねえ…って感じです。
だから、腸ねん転だとか七転八倒な苦しみと言いますが
想像できるような気がします。

ただ、何というか、まだ月経復活して3回程度なので
今後を見ないとではあるのですが
長期にわたる偽閉経療法の所為か

月経サイクルが人並みのリズムになりましたΣ(゚Д゚;
以前は25日から50日近くまで
(最初っからこうなので、そういうもんだとおもってますた)
ホントめちゃくちゃ。体温グラフも層になってなかったんだけど。
そういった意味では、今回の手術を受けた事により
意識の無い不具合が取り去られて
体内がリズム刻めるようになったのかな…?

血腫があることで余計に痛みが増しているのが
今ストレス(たぶんに過労も込みで)から来る
過敏腸ガス型に移行してしまっているので
(ちょい前までは、食事が怖くなるくらい下り腹だったので
それよりは遥かにマシなんですが)
ガスがたまると、だんごむしになるほど痛いです…
月経痛と違うのは、ピンポイントで右そけい部に集中してるので
月経痛と比較したら遥かに楽ですが、
ガスが抜けたらまた即ガスが溜まるので
(ストレス性はエンドレスです)
起きている間は痛みで体力消耗しまくりです。
(元々、持病から梅雨時は人間天気予報状態になるので
悪い状態に上掛けでなので、始末悪いんですが><)

コレが痛くなくなったら
血腫が消えたという目安にしよう!的な
明るい目標を持つことで乗り越えようと思います。

♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪

さてさて。
頭金も納入済み、クレジット認証も下りて
さらに、生産計画からうちに来る車ちゃんが
確定できたので記事にします(*´ω`*)
7月末には納車できる事になりました。
(コレ、人気の白とかだったら、3ヶ月待ちになる所だった…)

買う事にした子は

CR-Z

CR-Z公式ページ
HONDAのハイブリッドスポーツです。
それのミラノレッドを頼みました。
(今うちに居る子がミラノレッドなんで^^;)

ハイブリッドが欲しかったと言うよりは
CR-Xの後継に当たる車なので、欲しかった。という所です。
ライトウェイトスポーツならではの
気持ちよい走りに、正直運転嫌いの私が
生まれて初めて、運転が楽しいと思えた車なので
車好きな彼なら、存分に楽しんでもらえると思う!
夏休みにでも、人気の無い工業団地にでも行って
(ダンナさんの)練習しようとおもいます^^

因みに燃費マジックがありまして
例えば、プリウス売れてますよね。
インサイトつぶしの為に、メーカー泣かせた上に
無理やり50万の車体価格引いてきて
(250万最低ラインの車だった筈なんだわ…)
一応カタログ燃費ではすごい数字叩き出してるので
情弱な方が飛びついちゃってるようなんですが…

「燃費的にお徳でしょ?だから
ハイブリッド欲しいの!」って意味だったら
実質的にインサイト買っていた方が得。
10/15モードの燃費なんて実際出ませんし
燃費の体感差はリッター10以下の車と
リッター15以上の車乗り換えると体感する程度でして
(二桁燃費の車間の乗り換えだと
年間給油数が1回か2回違うかどうか程度の差しかでないのが実情なのです)
プリウスは1800ccなので重量税が5000円高い。
しかも自動車雑誌各誌がフィットと同一条件で実走比較して
フィットに負けてる状態ですから…
(「低燃費でびゅんびゅん~」なんてCMしてる某車なんぞ
10/50モードでリッター20…実車じゃやっと12でるかそこそこだよw
街乗りカーで15出れば優秀なので、
たとえリッター20↑のカタログ燃費の車でも
15出てたら立派なエコ運転手ですよー
そろそろ10/15モードの数字売りにするのやめよーよ><)

エスティマハイブリッドなんて
ノーマルとの車体価格差は
乗り潰すまで乗っても
燃費差で120%ペイ不可能だったり。

エコカー減税も変な話です
レクサスハイブリッドなんかが適応とか…
システムはSAIの丸々流用ですが
エンジンがV6だったかなぁ?
吐き出す排ガスはどう考えてもエコじゃないのに対象とかいうね…
お役人のやる事だから所詮こんなもんですが…

あと死ぬほどブサイク
(個人的に頼まれても乗りたくない…)な日産のリーフに
申し込みが結構集まっているというニュースも
情弱乙としか言いようが無いですね。
補助かかっても250万は最低かかる車
燃料代かからないとはいえ(でも充電で家の電気代は上がりますね)
200%取り戻せない金額ですよね。
まあ踊らされて乗りたい人は
今の不景気にはありがたい人でもあるので
楽しんでもらえればいい事なのですが。
(乗れるなら、試乗だけでもいいのでi-miev乗りたい!かわゆいー
普通のiでもいいんですが、やっぱりせっかくなら!)

インフラが整ってない現在
エアコンもダメ、カーステもだめ、
明るい間に走らないとあっという間にバッテリー切れちゃうよ
(公証駆動距離は、
全ての車内電気、エアコンカーステナビを切った上での数字なのです^^;)
そんな車、まだ急速充電ステーションと、
バッテリーの持ち時間が進歩しない限り
実用には耐えられないです。

φφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφ
あーハズカチイ
10/15モードと書いたつもりで
全部10/50になっていた…

こっそり全部なおしました><
10/15モードがかなり現実と離れている件については
Wikiペディア 10/15モードで軽く触れられてますので参考までに…。
テーマ:婦人病
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。